意外と知られていない?正しい歯の磨き方と注意すること

歯磨きをするときのタイミング

歯を磨くタイミングは一般的に食後と言われています。これは間違いではないのですが、食後すぐにではなく30分後に磨くと良いと、最近言われています。食後すぐは口の中が酸性になっているため歯ブラシがエナメル質の歯を傷つけるので、30分開けようということです。実はこれについては正しいかどうか論争が起きていました。最終的に学会から食後すぐの歯磨きの方か良いという発表が出ました。時間をあけると返って口の中が酸性になるそうです。そして他の歯磨きは就寝前と起床直後のタイミングが良いそうです。起床直後は口の中の細菌が繁殖しているので食事前に磨くのが良いですよ!

正しい歯磨きのやり方と磨き方のコツ

歯ブラシを使った歯磨きのやり方にはコツがあります。まず歯を磨く場所をバラバラにやるのではなく、方向を決めて一方通行にぐるりと磨くことです。そうすると磨き忘れる場所を出さずに済みます。そして最初は歯の表側ではなく、裏側から磨きましょう。歯の裏側は磨きづらく難易度が上がるため、集中力があるうちに裏側を磨いてしまいましょう。人間の集中力は長く続きませんよ!また歯ブラシを口の奥に持っていくと嘔吐反射が起こる場合があります。これを防ぐためには、歯磨きの前にうがいをしたり、深呼吸をして落ち着いておくといいです。特に胃腸の調子が悪いときや、起床直後の胃が空っぽの時は要注意ですので、ゆっくり落ち着いてから磨きましょう。

おすすめな歯ブラシとその他便利グッズ

歯磨きで重要なのは歯ブラシの種類と使い方です。歯ブラシはペンを持つようにして磨くと良いとされています。ドラッグストアに行くと歯ブラシは硬めと軟らかめに種類が分かれています。硬い方で磨いた方が汚れが落ちやすそうですが、柔らかい方が歯と歯の間に毛先が入りやすく歯垢を取るのに効果的と言われています。そして歯磨き粉を使う量はどれくらいが良いのでしょうか?歯磨き粉を多く使うと研磨剤の効果が大きすぎて、歯が削れるという話があります。しかし、これについては諸説あるそうです。それとデンタルフロスや歯間ブラシを併用することもオススメです。これで歯間を掃除すると食べカスがたくさん出てきて驚きます!歯ブラシで磨くだけでは取れない汚れもあるようです。デンタルフロスは100円ショップに売っていたりします。

根管治療とは、歯の根元にある管を治療する行為のことです。神経が通っている部分であり、強い痛みを伴うことがあるため、麻酔を使って治療します。傷んだ根幹を取り除くことは口の中の健康を保つために必要です。